2010年05月10日

<メチル水銀>鯨の町・太地、一部住民の毛髪から平均の4倍(毎日新聞)

 鯨の食習慣と体内へのメチル水銀摂取の関係について、国立水俣病総合研究センター(熊本県水俣市)は9日、調査した和歌山県太地(たいじ)町の一部町民の毛髪から世界保健機関(WHO)の基準を上回る水銀を検出したと発表した。メチル水銀中毒の疑いのある症例はなく、今後も調査を続けるという。捕鯨発祥の地で消費も盛んな同町の要請で初めて調査していた。

 夏季(昨年6〜8月)と冬季(今年2月)の2回、町民約3500人のうち計1137人の毛髪を調べた。平均値は夏季で男性11.0ppm、女性6.63ppmと、同センターが00〜04年に全国14地域で実施した平均値(男2.47ppm、女1.64ppm)の4倍程度だった。神経症状が出る可能性があるとしてWHOが定める基準値50ppmを上回る町民が夏冬で計43人おり、最大で139ppm。鯨類をよく食べるほど濃度が高い傾向があるという。岡本浩二・センター所長は「健康への影響を継続して調べる必要がある。センター外の専門家を含めた研究班を設置し、幼児への影響などを今後調べたい」と話した。

 食物連鎖の上位に位置する鯨類などは水銀を比較的多く含むため、厚生労働省は05年、妊婦などを対象に「バンドウイルカは2カ月に1回」などと摂食の目安を示している。【神門稔】

【関連ニュース】
雑記帳:「イルカのぼり」スイスイ 青森
脱毛症:育毛成分など対症法5段階評価…学会が診療指針
アカデミー賞:「ザ・コーヴ」波紋 和歌山イルカ漁映画
男性型脱毛症:育毛剤の成分検証 対症法5段階評価−−学会が診療指針
装うナビ:家で髪を染めたい。

千葉・医療再生の序章(上) ―銚子病院再開、成否のカギは「複合医局」(医療介護CBニュース)
新住職祝い稚児行列 足立区谷中・法立寺(産経新聞)
大阪府立高教頭に大麻譲渡、容疑の無職女を逮捕(産経新聞)
対米関係「大局的に協力できる」 志位・共産委員長が本紙と単独会見(産経新聞)
酒飲み自転車でひき逃げ、会社員を書類送検(読売新聞)
posted by リユウ シゲミツ at 23:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。