2010年05月26日

脱派閥へ自民若手ら新グループ(産経新聞)

 自民党の若手議員十数人は20日、新グループ「新世紀」(仮称)を結成する。政党横断的な世代交代を目指すほか、自民党内でも脱派閥政治を求める。松浪健太衆院議員らが中心で、参加者は平成12年以降に初当選した無派閥議員に限定。昨年の総裁選に立候補した西村康稔、平井卓也両衆院議員らも参加するという。

【関連記事】
口蹄疫 問題の本質を見誤った鳩山政権
ここにきて「野党共闘」!? 「退席」で共同歩調
自分でコケたとは言ってない…三宅氏“自作自演”疑惑を否定
口蹄疫 「赤松農水相らの対応は見苦しい」 自民・石破氏
三原じゅん子、谷亮子を“挑発”「議員の仕事は甘くない」
中国が優等生路線に?

政府が韓国大統領談話を受け午後に安保会議(産経新聞)
<訃報>岩崎巴人さん92歳=日本画家(毎日新聞)
「韓米大統領選がある2012年の戦作権移譲は不適切」…ハンナラ党代表
脱「名峰」 低山歩きの美学 標高1500メートル以下(産経新聞)
<京極夏彦さん>新刊小説「死ねばいいのに」を電子書籍化(毎日新聞)
posted by リユウ シゲミツ at 21:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。